2018年2月アーカイブ

ちょっとショック

 昨日、お客様からお電話で 「今ごろお雛さまを買おうと思っても遅いですよね」 と言われました。よく聞いてみると、デパートさんで 「今ごろ来てもよいものはありませんよ」 と言われたようです。
 このお声は、2月の初めころからお客様からちらほら聞いていました。そのときはお客様が遠慮しておっしゃっているのかと思っていましたが、実際にお店でそのようにいわれていたと聞き、ちょっとショックでした。デパートさんなどの量販店ではバレンタイン商戦などの影響で2月に入ると早々に売場が縮小するようです。そのため、くやしまぎれにそう言われたのかと思いますが、一般のちゃんとしたお店ではそのようなことはありません。
 2月に入ってお雛さまをお求めにいらっしゃるのは、12月や1月に誕生したお子様のためのものが多いのです。そうしたお客様に、「大切な初節句をするな」と言っているのです。そうでなくても、2月の初めなら3月3日までひと月ほどあります。お客様の感覚では「まだひと月もあるから」と思っても不思議はありません。12月、1月、2月生まれのお子様は初節句をするなと言うのなら、初めて3月3日を迎えるお子様の4分の1が初節句をお祝いできないことになります。お雛さまをたいせつな節句品考えているお店なら、お客様に絶対にそんなことは言えないはずです。「雛人形の売り場を縮小して、チョコレートを売ったほうがもうかる」と考えているとしか思えません。
 また、中部地方では旧暦でひな祭りをされる地域もあります。2月に入っても、雛人形をお求めになるのに遅いことはないのです。
 ちょっと腹が立ちましたので思わず書いてしまいました。まともなお店でしたら3月3日までは必ず雛人形を買うことができます。どうぞご遠慮なくお越しください。

in 徳川美術館

 2月17日、徳川美術館様で 「うれしいひな祭り」 と題してお雛さまのお話をさせていただきました。ちょうど午後からはスケートの羽生選手のフリー演技、お客様に来ていただけるかしらと案じていましたがたくさんお越しいただき、標題のサトウハチローの歌の逸話など交えて、私自身も楽しい時間を過ごさせていただきました。
CIMG3351.JPG

徳川美術館のひな祭り

 今年も徳川美術館様ロビーにお雛様を飾り付けに行ってきました。広いロビーなので大きなお雛様も小さく見えます。「よしなお君」の顔はめパネルもあって、ここは撮影自由。インスタ映えします。
 聞香や十二単の着装などイベントももりだくさんです。17日には館内講堂で当店店長・大西 嘉一郎が「うれしいひな祭り」と題してお雛様の楽しいお話をさせていただきます。
 世界に誇る名古屋のひな祭り展、海外からのお客様もたくさんいらっしゃいます。どうぞお出かけ下さい。

004.JPG

アーカイブ

ウェブページ

大西人形本店Webリンク