束帯の謎 の最近のブログ記事

束帯の謎

 どうしてもお雛さまというと、つい、十二単のお姫さまの方ばかり気になってしまって、お殿さまの方はちっとも話題にのぼらない、と、ご指摘をうけてしまいました。そこで、登場するのが「束帯」です。束帯は奈良時代に中国から輸入された唐服をもとに、時代とともに変化してきたもので、平安時代と江戸時代とでは、随分、様式も違うのですが、私も学者ではありませんので大まかな知識しかありません。大体、江戸時代前半のころのものだと思ってお読みください。「えっ?平安時代のことじゃないの?」と言われそうですが、平安時代のちゃんとした資料がありませんので、お許しください。

  一般に、男雛は「束帯(そくたい)」といわれる姿をしています。
  みなさんがよく見かける姿で似たものは、神社の神主さんの姿ですね。
でも、お雛様の着ている衣装は、神主さんのそれとはちょっと違います。

vol19.jpg 

ときどき、その字面から帯のことと思われる方もありますが、束帯とは冠から衣裳、はき物までをふくめた装束のことで、帯のことではありません。

  簡単にいえば、束帯とは公家装束の一番正式なものなのです。
武官、文官の違いや色、柄、部品の大きさ長さ、持ち物の素材など、地位や役職によってことこまかに決まりがあり、装着するだけでも大変だったようです。

  よく、衣冠束帯とひとくくりに呼ばれますが、束帯が最も正式な格式高い装束なのに対して、衣冠とは、少しそれを省略した装束の呼び名で、衣と冠のことではありません。

  束帯は、冠をかぶり、下着や袴を重ねて着て裾(キョ)という後ろに引きずるものを着け、その上に袍(ホウ)という上着を着ます。石帯(セキタイ)という帯をつけ、手には笏(シャク)を持ち、襪(シトウズ)という靴下の上に沓(クツ)を履きます。
太刀を帯びるときは、小さなエプロンのような平緒というものをつけます。正式の装束ですので、位などによってそれぞれの部品にも色・柄・形の取り決めがあり、どれ一つ省略できません。

  衣冠は、見た感じは束帯とあまり変わりませんが、束帯には脇を縫った「縫腋(ホウエキ)の袍」(文官)と「闕腋(ケッテキ)の袍」(武官)があるのに対し、衣冠には縫腋しかなく、石帯もせず、袴も異なります。
束帯が正式の装束なのに対し、ちょっとくだけた略礼服かダークスーツといった感じでしょうか。

  この他に、くだけかたや位に応じて、直衣(ノウシ)、狩衣(カリギヌ)、直垂(ヒタタレ)など多くの装束があります。

  束帯のほんのうわっつらだけでも、こんなに字数がかかります。かえって謎がふえてきちゃいましたので、また、パーツごとに謎解きをしていきたいと思います。

  写真は、桐竹鳳凰文の黄櫨染(コウロセン)の束帯の立雛です。人形ですので、省略や誇張がありますが典型的な有職雛の一つです。

「装束図式」「貞丈雑記」「日本服飾史」ほか参照

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち束帯の謎 カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは本頭って? です。

次のカテゴリは桜と橘(たちばな) です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

大西人形本店Webリンク

Powered by Movable Type 4.261