こうらいべりの謎 の最近のブログ記事

こうらいべりの謎

 ときどき、お雛様の親王飾りの台などに、白地に黒でキャベツの輪切りのような文様の縁のついたものがあります。これが高麗縁です。

もとは高麗(朝鮮)から伝わったものなのでしょう。

vol15.jpg

 
繧繝縁との違いは、繧繝の場合はもともと天皇・皇族の内向きの儀式などのときに用いられるもので、高麗縁は皇族や将軍などが人と会う時に用いる外向きのものだったようです。

また、繧繝縁は金糸銀糸を混ぜた錦であるのに対し、高麗縁は白と黒だけの綾織りです。

で、このキャベツの輪切りのようなのは、雪割草の文様です。

堂上家の故実書や海人の藻くずのような書物に、「繧繝縁は帝、院が用い、大文の高麗縁は親王、大臣、小文の高麗縁は大臣以下の公卿が用いる」というようなことが記されています。
あと、紫、赤、黄色など位によって畳の縁も定められていたようで、昔はけっこう難しいことが多かったようですね。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちこうらいべりの謎 カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお供えの人形はなぜあんなに小さいの? です。

次のカテゴリはぶりぶりぎっちょの謎 です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

大西人形本店Webリンク

Powered by Movable Type 4.261