うんげんべりの謎 の最近のブログ記事

うんげんべりの謎

 お雛様の座っている畳の台には、たいてい縦じまのオレンジや赤の縁(ヘリ)がついています。この縁のことを繧繝縁(ウンゲンベリ)といいます。

vol14.jpg

 
古来、天皇しか用いられないものでしたが、次第に皇族や神社などでも用いられるようになりました。お雛様の台としてよく用いられるのですが、では、この「繧繝」というのはいったい何?

  ウンゲン錦というのが衣装にあって、これは赤や紫などを濃い色から薄い色へとぼかすように織った布です。「繧」とは「ぼかす」という意味の文字で、「繝」は錦の織物のことです。また、昔の書物に、「繧」はもともと「暈(ウン・ボカス)」ではないかと言うことも書いてあります。

  いずれにしても、同系色の濃い色と薄い色をぼかすように織り、文様をいれた織物ということでしょう。お雛様の繧繝縁にはこれにたいていひし形の文様が織りこんであります。 繧繝縁とは別に、高麗縁というのもお雛様に使われます。
次の欄で書きます。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちうんげんべりの謎 カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはあまがつの謎 です。

次のカテゴリはお雛様のしまい方 一 ~方法~ です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

大西人形本店Webリンク

Powered by Movable Type 4.261