ぼんぼり(雪洞)の最近のブログ記事

ぼんぼり(雪洞)

 ぼんぼりにはいろいろな種類がありますが、「菊灯」と書かれているものが多いです。

では、どこが「菊」かというと、柱の下の土台にあたるところが菊の花のような形をしているからなんです。


vol10.jpg

 
火袋の方は普通は桃の花のつぼみの形と言われていますが、細長い「ナツメ(お茶をいれる器)」形や六角形のものなどがあります。

また、木目込人形などには、燭台、油灯などと呼ばれる、紙でおおっただけのシンプルな形のものも用いられます。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちぼんぼり(雪洞)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはぶりぶりぎっちょの謎 です。

次のカテゴリはキンピラゴボウの謎 です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

大西人形本店Webリンク

Powered by Movable Type 4.261