桜と橘(たちばな) の最近のブログ記事

桜と橘(たちばな)

 お雛さまにつきものの桜と橘、桜の花は満開になっています。でも、ひな祭りのころ には、実際の桜はまだ固いつぼみですね。


vol9.jpg


 では、なぜ?

そこは昔のこと、ひな祭りは 旧暦で行われていたんです。

旧暦の3月3日は4月の初旬、昔は満開の桜を見ながら ひな祭りができたんですね。

で、なぜ、桜と橘かというと、京都御所の御殿の前に桜と橘が植えられているからなんです。

樹齢とかは知りませんが、古い御所の行事の絵図などにも描かれていますので古いものだと思います。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち桜と橘(たちばな) カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは束帯の謎 です。

次のカテゴリは正平6年6月1日の謎 です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

大西人形本店Webリンク

Powered by Movable Type 4.261