男雛の冠の最近のブログ記事

男雛の冠

男雛の冠についてる羽根のようなもの

男雛の冠の後ろにつける羽根のようなもの、「纓(エイ)」といいます。ピンとまっすぐ立ったものが多いのですが、垂れているものもあります。

vol6.jpg 

 これ、位によって形が違うんです。帝はまっすぐ立った「立纓(リュウエイ)」、以下、文官は垂れ下がった「垂纓(スイエイ)」、武官はくるくる巻いた「巻纓(ケンエイ)」で、右大臣・左大臣がこれにあたります。
  また、六位の武官がかぶった「細纓(サイエイ)」という紐のように細い纓もありました。

  ですから、位によって定められている禁色の衣裳を着たお雛さま、例えば、黄櫨染のお雛さまは立纓でなければなりません。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち男雛の冠カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは男雛と女雛の左右です。

次のカテゴリは石帯の謎 です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

大西人形本店Webリンク

Powered by Movable Type 4.261