男雛と女雛の左右の最近のブログ記事

男雛と女雛の左右

男雛と女雛の左右、どちらが本当なの?

 
どちらでもよろしい。というとすごくいい加減なようですが、本当にどちらでも結構です。

もともとは、男雛が向かって右側にいるのが当たり前だったのですが、大正のころから主に関東地方でこの逆に飾られるようになりました。

これは、天皇と皇后の並ばれる位置によるのですが、大正天皇のお姿が始めて新聞に載ったとき、天皇が左側であったことが始まりといわれています。

vol4.jpg

 
ただ、現在でも京都御所での御座は天皇が右側ということで、おもに関西地方では男雛が右側に飾られます。

日本では向かって右側が上座ということになっており、舞台でも右が上手(かみて)と呼ばれます。男社会の名残と言えばその通りでしょう。

ですから、京雛だから向かって右に男雛というのは、あまり意味がないですね。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち男雛と女雛の左右カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは犬張子の謎 です。

次のカテゴリは男雛の冠です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

大西人形本店Webリンク

Powered by Movable Type 4.261