破魔弓?破魔矢?の謎の最近のブログ記事

破魔弓?破魔矢?の謎

 お正月が近づくと人形屋では「破魔弓」「羽子板」が売り出されます。「破魔矢」と言うこともあり、お正月に神社でいただく、矢に絵馬がついたものもこう呼びます。
  「破魔弓」「破魔矢」、どう違うのでしょう?また、「破魔」ってなんでしょう?

3_vol6.jpg 

 「はま弓」の語が書物に現れるのは、江戸時代始めの「世諺問答」がいちばん古いようなのですが、神代にウガヤフキアワセズノミコトが、子供のころに射始めたという言い伝えもあるそうです。
  江戸時代に、すでにこの「はま」というものが何なのかよくわからなかったようで、いろいろ説明をされています。
  お正月に、直径1尺ほどのわらを円形に編んだ「なべ敷き」のような的=「はま」を転がし、左右から子供たちがこれに矢を射掛けて遊んだのを「はま弓」と言い、この矢を「はま矢」と呼んだそうです。

  「破魔」と書くようになったのは、この弓矢をお正月の飾りとして飾るようになってからのことで、それまでは「濱」と書いていたようです。
  この「はま」にはいろいろな説があって、わらを丸めたものだから「葉を丸めた葉丸(はま)」だとか、古い朝鮮語の丸いものをあらわす「アマ」が語源だとか諸説ふんぷんです。そういえば、玉とか山とか鎌とか丸っぽいものに、似た音のものが多いのでうなづける点もあります。

  いずれにしても、お正月にする転がした的を射る遊びの道具をお飾りにしたものが始まりで、「破魔弓」でも「破魔矢」でもどちらでも同じ意味なのです。神社の破魔矢の源流も同じです。

  写真は江戸時代からある形を残した、現代の破魔弓です。一般にはガラスケースに入ったものが多いのですが、壁飾りや柱飾りにしてもいいものです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち破魔弓?破魔矢?の謎カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは石帯の謎 です。

次のカテゴリは立札の謎 です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

大西人形本店Webリンク

Powered by Movable Type 4.261