髪がのびる!

お人形の髪がのびる!

 お雛様と一緒によく飾られる市松人形(注)
このおかっぱの振り袖姿の人形、こわいという方がときどきいらっしゃいます。中学の教科書にあった「麗子像」を思い出してちょっと不気味という気持ち、わかります。
そして、髪の毛が伸びるというウワサ。
これ、本当なんです。 でも、これにはちゃんとした訳があります。


vol1.jpg

 
江戸時代に生まれたこの「市松人形」の髪の毛は昔は本当の髪の毛でつくられていたため、つくられてしばらくの間は、わずかですが伸びることがあったのです。

実際、抜いた髪はそのまま置いておくと数週間にわずかですが伸びるようです。
ですから、戦後、髪の毛に絹糸や合繊を用いるようになるまで、人形師は、市松人形をつくってからすぐに似は出荷せずにしばらく手元においておき、少し伸びて不揃いになったおかっぱをもう一度切り揃えてから出荷したそうです。

現在でも最高クラスの市松人形は本物の髪の毛を用いることがありますので、髪の伸びるお人形をお持ちの方はすばらしいお人形と思っていただいて間違いないでしょう。

もし、絹糸や合繊を使っているのに髪が伸びることがありましたら、非常に珍しい現象ですので当店で是非買い取らさせていただきたいと思います。

注)市松人形
江戸時代の佐野川市松という、娘役がとてもかわいらしい歌舞伎役者の姿に似せて作られたお人形です。今なら玉三郎人形といったところでしょうか。市松模様という名もこの役者からとったものです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

大西人形本店Webリンク