犬筥(いぬばこ) の最近のブログ記事

犬筥(いぬばこ)

              okurasousi10.jpg

 犬筥は犬張子ともいわれ、美智子皇后さまが愛子さまたちに贈られているように、古くから今に伝わるお守りの一つです。

  陶器や石膏のものはよくありますが、これは薄い和紙を何枚も漆で張り重ね、金箔や胡粉で仕上げた本物の犬筥です。和紙を十数枚張り重ねた上に、金箔も十数枚が張り重ねられており、とても堅牢にできています。
  金箔の肌はゆで卵の表面のようになめらかで美しく、職人の技の素晴らしさに思わず見とれてしまいます。

  お宮参りで用いられる犬張子も、この犬筥から派生したものといわれていますが、愛嬌のある表情や形状は共通するものがありますね。
  胴体がフタになっていて、中にお守りなどを容れられるようになっています。お雛さまとともによく飾られますが、男女を問わずお誕生のお祝いに用いられる格調高いお飾りです。 (コラム 「犬張子の謎」もご参照ください)

最近では、鳩山首相夫人が、この犬筥のブローチを付けていたことで、注目されました。
  
石黒一夫作 45万円(税別)