お誂え 「振々」 平成19年 名古屋市の最近のブログ記事

お誂え 「振々」 平成19年 名古屋市

                  14buriburi_s.jpg

 「ぶりぶり」とか「ぶりぶりぎちょう」と呼ばれる、おもちゃというかお正月の飾り物です。
「謎々文庫」や「お蔵草紙」にも同様のものが載せてあります。

農具といわれたり、「儀杖」の名のように毬を打つ道具といわれたり、おもちゃだったり謎の
多いものです。小笠原流弓術では「振々式」といってお正月の四日、十七日に、この「ぶりぶり」の本体の部分だけを吊して的にする儀式が今もあるようです。また、お茶などをたしなまれる方は、香合などにときどき使われているのを見かけられるかもしれません。

 弓術の的としては「梅」「桜」「柊」が素材として使われるようですが(音が良いため)、これは「桧」でこしらえました。

名古屋城本丸御殿の再興を祈念し、名古屋城所蔵の「竹林豹虎図」を基に「松竹梅に豹虎図」といたしました。

よくわからないものながら、なんだか良いものです