五月人形のしまい方 一、~方法~

①全体に羽根はたきなどで、よくほこりを落としてください。

②鎧や兜飾りの場合、金属部分が多いので、なるべく素手でさわらないよう、鍬形などに指のあとなどがあるときは柔らかい布などで拭き取ってしまいましょう。屏風や台など、塗装面は柔らかい布でから拭きしていただいても結構です。

③お人形の場合は、お顔や手など、素手でさわらないよう。お顔は柔らかい紙などで包んでください。

④鎧・兜の場合、櫃(ひつ)にしまいますが、説明書に 「防虫剤は入れないで」 と書いてあれば、入れる必要はありません。入れる場合でも、小さな防虫剤を一つ入れていただけば充分です。人形の場合も同様です。

⑤羽根や絹を使ってある弓太刀、提灯には、防虫剤を一つずつ入れてください。

⑥なるべく湿気の少ないところに保管してください。

このブログ記事について

このページは、onishiが2009年10月20日 20:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「五月人形のしまい方 一、~時期~ 」です。

次のブログ記事は「総裏 裾裏 一枚物 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

大西人形本店Webリンク

Powered by Movable Type 4.261