端午の節句

 端午の節句がこどもの日となり、ゴールデンウィークの中核となってから節句の意味がすこしあいまいになってしまいましたね。奈良、平安の時代から5月5日(旧暦ですが)は端午の節句、わが国のもっとも大切な日のひとつでした。もとは農作業のはじまるころ、豊作や無病息災を祈る日でもあったようです。

 端午の意味を語ると長くなるのでここでは記しませんが、この日は貴族、武士、百姓町民にいたるまで同様にたいせつな節日でした。ことに男の子にとって端午の初節句はこれからの人生のたいせつな第一歩となるお節句、ご家族、親類、お友達でお祝いしてほしいものです。

 鎧や兜飾りもたくさんございますが、こんな可愛らしいお人形もあります。楽しいお節句の調度を贈ってあげてください。