2月7日、徳川美術館ナイトミュージアムにご招待いただき、たいへん貴重な体験をさせていただきました。黒い束帯の方は五摂家筆頭 近衛家の忠大氏です。間近で装束の細部まで見せていただきました。中央の大展示場で大きな雛段を前に五人囃子の演奏で西王母の舞を堪能。中庭では徳川家指南役 柳生新陰流の抜刀術の実演。さすが尾張徳川家です!

お雛様の展示「尾張徳川家の雛まつり」は4月6日まで開催中。例年だとヨーロッパなどから多くのツアー客がいらっしゃいますが、今年はほとんど日本の方ばかりです。世界に人形多しといえど、その中で冠たる日本人形、その中でも雛人形はその完成度の高さから人形の最高峰と言われています。さらにその中でもこの尾張徳川家の雛人形は別格中の別格、ぜひご高覧下さい。