ひな祭りのしつらえ

    ひな祭りのしつらえ

    お雛さまのお客様も時間的にあとわずか・・ことしも多くのお客様にご来店いただきありがとうございました。お着物や家具、お洋服などお求めになるとき、用途に応じてお店を選びます。良いものをお求めになるときは専門店へ、それなりのものはデパートや一般店へという具合に。ところが、節句品に関してはお店のレベルがなかなかわからないのが現状です。
    お人形本体もさることながら、合板の屏風や台、樹脂のぼんぼりなど見た目の華やかなものについ目が行ってしまいがち。子供部屋におもちゃとして置くのと、リビングやお座敷に節句の調度品として飾るのとはおのずと目的や作り方、仕様が異なります。赤ちゃんでいるのは2~3年、十数年もすればお子様も大人になります。そこから70年、80年と飾るのがお雛さま。目的をしっかりお考えの上お選びいただくと生涯お飾りいただくことができます。
    先日は「しつらいセミナー」で講師をさせていただきました。五節句の室礼を見ていただき、節句の楽しみ方、お料理やお菓子などたいへん盛り上がりました。

    来週19日は徳川美術館さまでお雛さまのお話をさせていただきます。どうぞお出かけ下さい。