重陽のお節句

     早いものでもう九月です。

     

    九日は重陽のお節句ですが、料理屋さんなどで菊花をあしらったお料理が出る以外、あまりピンとこない御節句ですがれっきとした五節句のひとつです。

    茱萸袋(ぐみぶくろ)という飾りに菊慈童というお人形です。俳句の世界ではこの日を「後の雛」と呼んでかんたんにお雛さまを飾る日にもなっています。もとは伊勢や播磨地方で行われていた風習が俳人に気に入られ季語にも採り入れられました。

    重陽が過ぎるとそろそろお正月飾りや、早着のお雛さまが並び始めます。