素材を料理

 お願いしていた菖蒲の絵屏風が、絵描きさんからできあがってきました。

 人形屋の仕事は料理人と似たところがあるかもしれません。夏前にお願いしたたくさんの種類の鎧や兜、お人形、そしてこうした屏風や弓太刀、短檠、のぼり、飾り馬や供御を載せる三方など、さまざまな素材をお客様のご家庭で品よく、あるいは勇壮に、また可愛らしく飾っていただくために色々な組み合わせを試し、ひとつの料理としてお客様にご覧いただくのが仕事だからです。そして、その仕事は、実は人形屋にとってとても楽しみなものでもあります。

 その楽しさが美しさとなってお客様に少しでもお伝えできれば、なにより幸せなのです。

菖蒲絵屏風