2013年8月アーカイブ

円空仏

 お盆休みを利用して平湯から飛騨古川へ行ってきました。その中でたまたま巡り会った円空仏。
 建築彫刻を訪ねるつもりでたちよった国府町の清峯寺さま。山門の下で草刈りをしているおじさんに尋ねたら、「私が案内します」とのこと。そこで拝観したのが、思わぬ円空仏。千手観音と龍が御頭に降りてきている竜頭観音、それに聖観音さまです。初めて見た大きな円空仏。感動しました。
 そしてそれよりも感じ入ったのはご案内いただいたおじさんです。そもそもこのお寺は少し離れた安峰山に開闢された天台宗のお寺だったそうです。それが地元豪族の争いなどでこの国府に移され、なぜかしら曹洞宗に改宗、その後、尼寺になり、その庵守さまがなくなり無住寺になったのだけど、地元の方々の篤志でお守りしているとのこと。この案内してくださったおじさんは浄土真宗だそうです。寺には大きな鳥居があり、白山神社がお寺をお守りしています。
 
019.JPG天台宗、曹洞宗、神社、浄土真宗、さまざまな宗教宗派が混然一体となり、地域をお守りしています。古代からの日本の神道を軸に仏教がからみあい平和な信仰を形成しているようです。世界中のひとびとに宗教で争うことのむなしさを広められるといいと思いました。円空仏が超然とほほえんでおられます。

アーカイブ

ウェブページ

大西人形本店Webリンク