2014年4月アーカイブ

伝統美のあるライフスタイル

五月人形というと、こどもの日の飾りのように思われがちですが、端午の節句という奈良時代からあるもっとも大切な節会の調度品なのです。
というと、なんか仰々しいですね。当店ではお子様が50才になっても80才になっても端午の節句の室礼に用いていただけるお飾りをご提案しています。画像は一般にはちょっと手に入りにくい高級品ですが、屏風や無駄な台をやめ、こんな室礼にしていただければそんなに高額なものではありません。お子様の一生の節会のお守りとして貴家に伝えるにふさわしい逸品のひとつです。
本当に良いものはいつの時代でもとてもモダンです。

CIMG2154.JPG

舞楽

名古屋 東照宮のお祭りです。
友人ふたりが舞楽の奉納。
きれいですね。

002.JPG

桃太郎

 桃太郎といってもトマトではありません。犬・猿・キジを引き連れたりりしいお姿!
 ぼくの大好きなお人形のひとつが、昨日やっと出来上がってきました。かわいく力んでいる桃太郎に、擬人化した犬・猿・キジ、それぞれ表情豊かです。こうした「ひとがた」に別のものを見立ててこしらえるのは相当な技量が必要です。後ろの
005.JPG旗飾りは京都冷泉家の端午の節句飾りを参考にしてこしらえられています。















006.JPG

アーカイブ

ウェブページ

大西人形本店Webリンク